具体的に、どのような療育を行っていますか?

放課後等デイサービスPLATZ古江では、
ライフスキルトレーニングに重点を置き、お子さんお一人お一人に合わせた療育メニューを提供しています。
ライフスキルとは、文字通り、生きていくための基本的なスキルです。

自己肯定感を養い、未知のことにも挑戦できるようなお子さんになるように、スタッフが一人一人を見ながら関わりを持っています。
また、スタッフだけでなくPLATZ古江に通ってくるお子さん達との関わりの中で、役割分担を設定し協力して物事を進める機会も常に用意しています。
放課後デイでは小学生から高校生までが一緒に過ごしていますので、学齢に応じた役割をスタッフの支援のもと果たすことができます。
自分の役割を果たすことで自己肯定感を養うこと、そのプロセスで自分の気持ちを伝え、相手の気持ちを受け取ることができるようになることを目指しています。

スタッフはお子さん達の小さな変化を見逃さないように注意しています。

現在、PLATZ古江には、活発なお子さんが多いので、身体を動かすことも多いです。
新しい課題に尻込みする子ども達も少なくありませんが、ステップを小さく区切ることで成功体験を重ね、少しずつでも前進できるように工夫しています。

ご見学の際の面談では、
ご心配やご関心をお聞かせいただき、
お子様に合った療育のご提案をさせていただきます。