放課後デイはどういうふうに使われているのですか?

放課後等デイサービスは、
障がいのある子どもたちのための施設です。

都道府県もしくは政令指定都市の認可を得て、
開業します。

お子さんに、療育を提供し、

生活能力向上のための訓練等を継続的に提供することにより、
学校教育と相まって障害児の自立を促進するとともに、
放課後等の居場所づくり

を担うものです。
(「児童福祉法の一部改正の概要について」社会・援護局 障害保健福祉部 障害福祉課)

利用には、
受給者証が必要となります。

対象年齢は、
施設によって異なりますが、
小学生から高校生までです。

受給者証の取得については、
当放課後デイPLATZ古江の場合は、
職員がお手伝いをしています。

当施設にご関心をお持ちの方は、

まずは、
お問い合わせをお願いします。

082-274-7039