放課後等デイと児童デイは何が違うのですか?

放課後等デイサービスは、平成24年4月1日より、児童福祉法を根拠法にして始まった制度です。

児童デイサービスでも、同様のサービスが提供されていたため、現在でも通称で、児童デイサービスと呼ばれることが少なくありません。

ただ、児童デイサービスは、根拠法が障害者自立支援法であり、事業としての考え方も放課後等デイサービスとは異なる点がありました。

詳しくは、「放課後等デイサービス・児童デイサービスの歴史」を参照ください。