放課後デイはどういうふうに使われているのですか?

放課後等デイサービスは、
障がいのある子どもたちのための施設です。

都道府県もしくは政令指定都市の認可を得て、
開業します。

お子さんに、療育を提供し、

生活能力向上のための訓練等を継続的に提供することにより、
学校教育と相まって障害児の自立を促進するとともに、
放課後等の居場所づくり

を担うものです。… 続きはこちら

利用者負担の金額を教えてください。

放課後等デイサービスの利用者負担は、
サービスの利用金額の1割と定められていますが、
月の利用者の負担額には、上限が定められています。

放課後等デイサービスを含む障害福祉サービスの自己負担は、
所得に応じて次の4区分の負担上限月額が設定され、
ひと月に利用したサービス量にかかわらず、それ以上の負担は生じません。

・生活保護 生活保護受給世帯 負担なし… 続きはこちら

放課後等デイサービスの利用者負担はどのようにきまって決まっていますか?

放課後等デイサービスの利用者負担は、利用料金の一割です。
細かな定めは、施設の指導員の配置状況等により変わります。

 

ご参考までに、
「放課後等デイサービス PLATZ古江」の場合は、
一回の利用あたり、およそ730円もしくは880円(送迎加算を含まず)となります。
(場合によっては、別途加算のあることもあります。)

 … 続きはこちら

放課後等デイと児童デイは何が違うのですか?

放課後等デイサービスは、平成24年4月1日より、児童福祉法を根拠法にして始まった制度です。

児童デイサービスでも、同様のサービスが提供されていたため、現在でも通称で、児童デイサービスと呼ばれることが少なくありません。

ただ、児童デイサービスは、根拠法が障害者自立支援法であり、事業としての考え方も放課後等デイサービスとは異なる点がありました。

詳しくは、「放課後等デイサービス・児童デイサービスの歴史」を参照ください。