放課後等デイと児童デイは何が違うのですか?

放課後等デイサービスは、平成24年4月1日より、児童福祉法を根拠法にして始まった制度です。

児童デイサービスでも、同様のサービスが提供されていたため、現在でも通称で、児童デイサービスと呼ばれることが少なくありません。

ただ、児童デイサービスは、根拠法が障害者自立支援法であり、事業としての考え方も放課後等デイサービスとは異なる点がありました。

詳しくは、「放課後等デイサービス・児童デイサービスの歴史」を参照ください。

続きはこちら

放課後等デイサービスとは何ですか?

放課後等デイサービスは、児童デイ、放課後デイと呼ばれることがあります。

障がいのあるお子さんを対象に、日常生活における基本的な動作の指導、集団生活への適応訓練を行う施設です。

学校通学中の障害児に対して、放課後や夏休み等の長期休暇中において、生活能力向上のための訓練等を継続的に提供することにより、学校教育と相まって障害児の自立を促進するとともに、放課後等の居場所づくりを推進。

児童福祉法の一部改正の概要について
厚生労働省 社会・援護局 障害保健福祉部 障害福祉課(平成24年1月13日)

続きはこちら

誰でも利用できますか?

放課後等デイサービスPLATZ古江は、児童福祉法に定められた指定障害児通所支援事業を行っている施設です。
ご利用については、市区町村で発行される「受給者証」が必要になります。

詳細は、PLATZ古江のスタッフにお尋ねください。

続きはこちら